高崎一級建築士事務所

06-6607-8233

E-Mail

学校・体育館・文化施設

当事務所のこだわり

静と動の分離

学び舎である教室や校舎は静かな環境が求められるのと同様に、運動や合唱を行う場所は活気にあふれた空間が必要です。
この2つの環境・空間が混在する学校・文化建築を快適なものとするために、それぞれをしっかりと分離しお互いに支障がないような設計をご提案します。
音楽室の防音から校舎の形、運動場・中庭のレイアウトなど細部までこだわりをみせる当事務所の建築にご期待ください。

文化建築としての機能性

博物館などの展示施設には、訪れる方の的確な誘導や緊急時の避難経路の確保など、しっかりとした機能性が必要不可欠です。
また、当事務所では展示物との距離・自然とのふれあい・コミュニティースペースなどの確保など、これまでの経験を生かした様々なコンセプトを打ち出すことが可能です。

すべてに通じる建築空間

人間は社会的な動物であるといえます。
学校、公共施設や文化施設はそれら人と人がつながる社会の縮図といっても過言ではありません。
全ての人が快適に過ごせるように、運動・知的好奇心・社会参加など様々な目的に合わせた設計を心がけています。

学校建築・体育館・博物館などの文化施設は、いわば社会の縮図です。
不特定多数の人々の様々な目標を達成するために、明確に打ち出されたコンセプトが必要となります。
もちろん施設によってそのコンセプトは様々です。
例えば、子どもの安全を守るセキュリティーに特化した学校、自然に触れ合うことのできる施設、体育館や音楽室と教室を分け、お互いの空間を充分に生かす施設など目的によって異なります。
当事務所では、これまで培ってきたノウハウを駆使し、利用するすべての方の目的にかなう施設造りをするための最適なご提案します。

施工後のサポート

施工後も当事務所と、施主様とのお付き合いは続きます。
竣工時の手続きや保証書のお渡しはもちろんのこと、完成後のアフターフォローも当事務所の大切な仕事です。
1年、5年、10年と建築物をお使いいただく中で、変更したい個所を見つけたり、リフォームのご要望などがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
いつまでも住みやすい理想の建築物を実現させるため、当事務所はいかなる努力も惜しみません。

実績

総合文化センター

総合文化センター

総合文化センター

総合文化センター

Copyright © TAKASAKI ARCHITECT OFFICE Co., Ltd.