高崎一級建築士事務所

06-6607-8233

E-Mail

耐震診断

耐震診断とは

住宅やビルが地震に対して、どれくらい被害を受けにくいかといった地震に対する強さ(耐震性)を調べることを“耐震診断”と言います。
この診断は日本件陸防災協会の「一般診断法」に従い判断します。
最近では耐震偽造問題などにより、比較的最近に建設された建物にお住まいでも、耐震強度について不安を持たれる方も多くなっています。
特に、多くの方が出入りする商業ビルや官公庁施設では正確な耐震診断と、補強工事が必要です。

このような場合は耐震診断を!

・昭和56年(1981年)以前の建物(特に昭和46年(1971年)以前のものは要注意です)
・昭和56年(1981年)以降に建てられたものでも外壁などに老朽化が見られる建築物
・外壁などにヒビが入っている
・広いスペースのアトリウム(吹き抜け)がある
・大きな窓をデザインとして取り入れている
・商業ビルやオフィスビルなど不特定多数の人々が利用する
・病院、診療所などの医療設備がある
・集合住宅(マンションなど)
・学校などの教育施設や、官公庁の文化施設など
・水際や山の斜面などに建っている
・埋立地など比較的地盤がゆるい土地に建っている

耐震診断の流れ

現地調査

建築個所の測量
写真撮影による土地の分析

状況図の作成

耐震構造の有無
法規との照合

構造計算

改修

リフォーム見積書の作成
リフォーム業者選定
工事監理

Copyright © TAKASAKI ARCHITECT OFFICE Co., Ltd.