高崎一級建築士事務所

06-6607-8233

E-Mail

工事監理

工事監理とは

工事監理は建物の安全性を確保するために、工事の責任者が設計図書と見地物を照合させて、実際の施工がしっかりと行われているかを確認する作業です。
建築基準法によれば、建築物の工事にあたり工事監理者を定める必要があり、中間検査・完了検査などの各工程ごとに、申請書に工事監理状況を記載することも義務付けられています。
当事務所では、建築士が工事監督をしっかりと設け、工事の状況を正確に報告・申請いたします。

工事管理と工事監理の違い

工事管理

作業者 : 建設会社の現場監督
やること: スケジュール調整
職人の手配
材料の発注や管理
作業員や周辺住民の安全確保
予算内で材料費と人件費を賄うなどの金銭管理

工事監理

作業者 : 設計事務所の設計者もしくは工事監理専門業者
やること: 設計図通りに施工がすすんでいるかの確認
図面だけではわからない内容を施主様に伝える
施主様の代理となって、作業員との打ち合わせ
施主様への報告

工事監理の流れ

ご依頼から、基本設計まで

建設予定時のした調査
お客様のご要望に関する打ち合わせ
見積り、予算の作成
基本設計図の作成
関係省庁の申請代行

設計

実施設計図の作成
構造設計
設備設計
設計図に関する施主様との打ち合わせ

施工業者の決定

施工業者(工務店)の選定
工事見積りの依頼
見積査定と打ち合わせ
査定価格の調整
施工業者(工務店)の決定

工事監理業務

施工図の確認と承認
施工素材、材料品質の選別・検査
施工状況と施工図の比較
施工状況の確認と施主様への報告

建築物の完成

工事監理の完了報告および申請
施主様への物件引き渡し
完成後一定期間ごとの点検・アフターフォロー

Copyright © TAKASAKI ARCHITECT OFFICE Co., Ltd.